2017年10月14日の取引

前回から2回取引しました。ユーロドルを上昇フラッグと見て矢印のとこでロングしましたがストップにかかって負け。上に行きそうな感じがしたので最初から決めつけて適当に入ってしまい悪いトレードでした。1点しかサポートされてないからフラッグではないですね。

 

天井圏でのユーロの売りですが、こちらはまだ決着がついてません。今まで1回も説明してませんでしたがCMAで習ってメインとしているフィボナッチの手法です。下の図で説明します。

 

いろいろ他にも明確なルールがあるのですが詳しくは語りません。まず一通りトレンドが出て天井をつけたなと思ったら、底から天井に向かってフィボナッチを引きます。【①23.6の辺りにサポート帯ができているのを確認する。②戻りを待つ。ただし戻りが天井を超えたらダメ。③23.6付近に出来たサポート帯の安値を割ったらエントリー。】もしサポート帯の安値が23.6ピッタリだった場合、38.2が利確ラインとなります。損切りを戻りの部分(水色点線)にするとリスクリワードが良いトレードができるのですが、そこだと狩られることが多いんですよね。今回も狩られてます。なので天井を損切りラインにしてリスクリワードを1:0.618にしています。この手法は勝率が高いのが特徴ですが、運悪く3連敗とかすると今までの勝ちをすべて持って行かれて心が折れます。

コメントを残す