最後の冒険でユーロスイスL

NZカナダは安値に張り付いて全然動かないので撤退。最後にどうしても気になっていたユーロスイスを1.1372でLしました。2015年のフランショックで暴落したポンドフランが、リバウンド後にまた1.4を割れた時に、はじめてポンドフランに手を出したんですが、戻しが速かったのもあり0.5枚で2 万近い益が出ました。その時、ポンドフランは1.5まで戻すって記事を目にし、さすがにひどいハメ込みニュースだって馬鹿にしてたら、本当に1.5まで戻しました。スイスフランはどこどこまで行くって目標が出たら、きっちりつけに行く通貨のイメージがあります。今はユーロスイスが1.2まで行くって話が出てきていますが、本当に行くんじゃないかなという予感がしています。

NZカナダを0.9225でL

ドルスイスの0.9586Lは0.974あたりで利確して1万7千円獲得しました。NZスイスも0.7040で買って持ってたのですが、全然上がる気配がなかったので損切り。NZカナダが中期的な底値圏にあったので0.9225で1枚ロングしました。トルコリラは今のところ安心だけど、ドルトルコが3.5を意地でも割らせないのが気になる。悪いニュースをスイッチにして噴き上げの準備中な気がしなくもないですね。

またドルスイL

金曜日のアメリカの指標後にまた熱くなってしまって、トルコ円を30.75で1枚買い直し。ドルスイスにも手を出しました。0.95台があれば鉄板1のファーストストライクになりそうなので狙ってたのですが、今は北朝鮮情勢でテクニカル無視でスイスフランが買われる恐れがあるので、ただのギャンブルになってるのかもしれません。週明けからお盆の暴落が気になってたけど、さっきドル円の110円回復のニュースを目にしたので少し安心して記事を書きました。

トルコ円が31円割れ

8月はリスクオフになるからと思ってNZスイスと豪スイス売ったんだけど、持っておけばよかった・・・ここまで下がられると逆に買いたくなるくらいですが、そこはこらえてトルコ円を4.5枚に増やしました。平均37.303。33.3あたりで±0になります。そんな2円上くらい秋までにでも行ってほしいけど、最近のトルコリラって昔の70円台のドル円みたいに操作されてるように上がらないですよね。今の流れだと、33ヨコヨコ⇒31ヨコヨコ⇒29ヨコヨコみたくジリジリとちょっとづつ下げ続けるのかなあ。

トルコリラ以外ノーポジです

ドルスイのLは微益で切ってポジションはトルコリラだけになりました。NZスイスのSは損切りしなきゃよかったけど終わったことはもういいです。今はこれまでのことを反省しながら毎日商材を読み返して勉強してるところです。トルコ円は今日の午前中に31.06で1枚ファイナルナンピンをしました。平均38.19L4枚。38円はかなり遠いですが、他の3枚は2015年に買った物なので、スワップ込みだと33.70くらいで±0になります。ユーロトルコの4.20は天井を取ったと思っているので、MT4を開いても心が揺れるから価格を見れません。これで2度と届かない位置まで暴落すれば、今より多少スワップも上がるだろうし、毎月自動で1万円が入ってくるようになるので手放したくないです。

ユーロトルコリラを4.2でS

ドル円のニュースが目に入って気になってMT4を開いてしまいました。ドルスイが0.99くらいまで行ってるかと思ったけど全く変わってなくて驚いた。そしてさらに驚いたのがユーロトルコリラ。4.2を目にした瞬間、何の考えもなくボタンに手が・・・やめとけばよかったかなあ。

 

最後の賭けです!

このポジションでしばらくチャートをみないで放置します。そしてもう2度とギャンブルトレードはしません。半月後か1月後に復活したらルール通りのトレードをやります。今回1番怖いのは他の通貨が大して動かないでユーロスイスだけが1.2に行くってパターンです。そしたらNZスイスは0.78、豪スイスは0.83くらいになってるわけですが、現実にありそうな気がしなくもない。ただ、オセアニア通貨はこっから上がるネタはないでしょう。通貨高牽制があるし、利上げもないし、NZは乳牛の伝染病がネタにされそうだし。あと、トルコリラも下がってほしい。ユーロトルコの損切りが報われないし、20円台でもう1度ナンピンしたい。

 

NZスイス S 0.717713 平均1.5枚

豪スイス S 0.763477 平均1.5枚

 

 

スイスフランが・・・

いきなりユーロスイスが噴き出して黒字になりかけてたポジションが真っ赤か。4000円かけて上のポジションを売りなおしました。今は多分もっと上がってるでしょう。ユーロスイスはフランショック後の高値が今くらいなので仕掛けてきてるっぽいですね。スイスフランは外コムのポジション状況を見るとドルスイは9割買い。2010年末にロングで苦しめられてた時からずっとポジション状況を見てますが、0.7だろうが1.03だろうが買いが7割や6割に減ったとこは見たことありません。対スイスフラン通貨は近年はずっと安すぎなんです。NZスイスなんか0.72でも全然高い水準じゃないですからね。だから勢いよく上がった時はみんな乗り遅れたって買って騙されると思います。上髭が多いのはそういうことでしょう。

 

 

豪スイスとNZスイスをS

ドルスイは0.9470のいいポジションを持ってたのに、どうせFOMCで下がるんだろうと底で損切りしてしまいました。悔しいので0.953で売ったら0.959の天井で損切りするはめに。0.7280の豪スイスはFOMCの前に0.759で決済して3万9千円のプラス。あと、ユーロトルコも2度と手を出さないってことで4万円で損切りしました。その後、上のポジションが誕生。FOMCの後に朝起きて0.5枚づつナンピン。カナダフランも一緒に売ってたのですがそっちは逆に3000円プラスになってました。トルコリラもポンドも大して上がってないしオセアニア通貨だけ独走してるみたいですね。いつまでも適当なことをやってても進歩がないので、このポジションがプラテンしたらルールを守って1からやり直します。まあこういう時は助からない事が多いけど、最近は直感がよく当たるので急落しそうな予感を信じます。