最後の賭けです!

このポジションでしばらくチャートをみないで放置します。そしてもう2度とギャンブルトレードはしません。半月後か1月後に復活したらルール通りのトレードをやります。今回1番怖いのは他の通貨が大して動かないでユーロスイスだけが1.2に行くってパターンです。そしたらNZスイスは0.78、豪スイスは0.83くらいになってるわけですが、現実にありそうな気がしなくもない。ただ、オセアニア通貨はこっから上がるネタはないでしょう。通貨高牽制があるし、利上げもないし、NZは乳牛の伝染病がネタにされそうだし。あと、トルコリラも下がってほしい。ユーロトルコの損切りが報われないし、20円台でもう1度ナンピンしたい。

 

NZスイス S 0.717713 平均1.5枚

豪スイス S 0.763477 平均1.5枚

 

 

スイスフランが・・・

いきなりユーロスイスが噴き出して黒字になりかけてたポジションが真っ赤か。4000円かけて上のポジションを売りなおしました。今は多分もっと上がってるでしょう。ユーロスイスはフランショック後の高値が今くらいなので仕掛けてきてるっぽいですね。スイスフランは外コムのポジション状況を見るとドルスイは9割買い。2010年末にロングで苦しめられてた時からずっとポジション状況を見てますが、0.7だろうが1.03だろうが買いが7割や6割に減ったとこは見たことありません。対スイスフラン通貨は近年はずっと安すぎなんです。NZスイスなんか0.72でも全然高い水準じゃないですからね。だから勢いよく上がった時はみんな乗り遅れたって買って騙されると思います。上髭が多いのはそういうことでしょう。

 

 

豪スイスとNZスイスをS

ドルスイは0.9470のいいポジションを持ってたのに、どうせFOMCで下がるんだろうと底で損切りしてしまいました。悔しいので0.953で売ったら0.959の天井で損切りするはめに。0.7280の豪スイスはFOMCの前に0.759で決済して3万9千円のプラス。あと、ユーロトルコも2度と手を出さないってことで4万円で損切りしました。その後、上のポジションが誕生。FOMCの後に朝起きて0.5枚づつナンピン。カナダフランも一緒に売ってたのですがそっちは逆に3000円プラスになってました。トルコリラもポンドも大して上がってないしオセアニア通貨だけ独走してるみたいですね。いつまでも適当なことをやってても進歩がないので、このポジションがプラテンしたらルールを守って1からやり直します。まあこういう時は助からない事が多いけど、最近は直感がよく当たるので急落しそうな予感を信じます。

 

また無駄なことを・・・

もうチャートは見ないと決めたのにまた見て8000円マイナスになりました。上が下に変わっただけで8000円も減ってるんです。78より75がいい75より70がいいって細かく買い直して、我に帰ったら何やってるんだろうって自分の頭を疑います。2014年以降にトルコ円とオセアニアフランペアに出会ってから発症しました。底を取るのが目的で最後のポジションは損切りせずに長く持ってるから結果的に上がった通貨は儲かるんですが、トルコ円はこれで爆死してます。しかしドルスイはひどいですね・・・まさか0.94台で下髭すらつけずに終わるとは思わなかった。

ドルスイスで-3万2千円

ドルスイを0.964から買い直しを続けて1週間で3万2千円も損しました。NZスイスをずっと持ってれば損切りにもかからずに1円も損しなかったのに。夏休みということにしてしばらくチャートを見ないで放置します。

危ない!商材を買うとこだった・・・

youtubeで勉強になる動画を挙げてくれて心底気にいった方がいたので、この人なら信用できるとメールマガジンにも登録して毎日読んでました。しばらくして、有料会員向けのプロジェクトを始めることになった、本気で勉強して人生変えてみようって言われたので、まあ高ければ無理だけど安ければ考えてみようかなと思ってたのですが、万札が2,3枚レベルの安い価格が提示されたので即決で申し込み。しかし、ペイパルの口座が拒否されて申し込めません・・・デビットカードだからダメなのかな??そういえば最近ルーターがハッキングされた形跡があるとプロバイダーからメールが来ていて用心のために振り込み限度額を2万円に設定していたのを忘れていました。それを思い出す前に銀行振り込みの方で申し込みなおしたのですが、夜だったので翌日の振り込み予約になって即時には振り込まれず。ワクワクしながらメールで送られてきた概要の動画を見返して、昨日youtubeで途中まで見てたシリーズの続きを見ようと履歴に行ったら、履歴にさっき見た概要動画があり、しかも信じられないモノを目にすることに・・・「2012年に公開」。この流れは2012年からループしてたわけですね。もしやと思ってインフォオフで検索してみたら・・・ありました。予約取り消し。危ない危ない。明日気づいてたら泣いてたとこだった。

ドルスイスやるんじゃなかったかな・・・

どうせ1枚だと思って緊張感がないから悪いんだろうけど、目の前で見てる時に下がると損切りして買い直す癖があって、それで2日くらい前からドルスイだけで(本当はNZスイスのプラスと相殺ですが)6,000円も損してました。記事には書いてなかったけど0.9640で1度買って切ってます。前に書いた0.95955のポジは損切りせず、0.95709で1枚ナンピンしてしまいました。上のポジは0.9630に指値を入れて下のポジは放置。こういう時に限って暴落したりするんで怖いですが今回だけは勘弁してください。

豪ドルが長い間続いたレンジを上にブレイク

豪ドルが長い間続いたレンジを上にブレイク。チャートは豪スイスの週足ですが、一回トレンドラインを破られてからまた戻ってきたときは必勝の買いサインだとFX-Jinさんに学びました。少しラインの角度が違えばレジスタンスになるので実際どうなるかの判断は今は難しいんですけどね。NZスイスは損切りにかかってなかったけど下げてる瞬間を見てたので利確してしまいました。別にNZスイスは値ごろ感では全然安くないんで本当は買うべきではなかったんですけどね。そのわずかなプラス分でドルスイを一回切って0.95955で買い直し。ドルスイはユーロドルが上がってもユーロスイスが一緒に上がるから0.95より大きく下には下がらないイメージです。

 

【保有中のポジション】

トルコリラ円
39.250 L 平均3.5枚

ユーロトルコリラ
4.05212 S 平均1.5枚

豪スイス
0.72850 L 1枚

ドルスイス
0.95955 L 1枚

ドルスイスを0.96111でロング

トルコリラにまた強さが戻ってきてよかったです。トルコ円のスワップが17万5千円に到達。ちょうど5円分、34.25まで上がってくれれば±0になります。そのたった2円が遥かに遠いんですけどね。まあ行く時は一瞬なんでしょうが。0.95後半~0.96前半が底堅そうなのでドルスイスを0.96111で買いました。豪スイスとNZスイスは同値にストップを入れて放置することにします。ただNZの方は70pipしか余裕がないので明日の指標の結果ですぐに刈られるかもしれないですが。

 

【保有中のポジション】

トルコリラ円
39.250 L 平均3.5枚

ユーロトルコリラ
4.05212 S 平均1.5枚

NZスイス
0.69806 L 1枚

豪スイス
0.72850 L 1枚

ドルスイス
0.96111 L 1枚

2017年前半(1月から6月まで)の収益

【オアンダMT4】
1月
5,254.4133円

2月
-10,982.4471円

3月
20,768.7384円

4月
11,718.8289円

5月
44,987.1897円

6月
39,841.6991円

【セントラル短資】
16,139円

【外コム】
-145,551円

 

【保有中のポジション】

トルコリラ円
39.250 L 平均3.5枚

ユーロトルコリラ
4.05212 S 平均1.5枚

NZスイス
0.69806 L 1枚

豪スイス
0.72850 L 1枚

 

オアンダはMT4で取引してる口座。セントラル短資はドルスイ、NZスイス、豪スイスを買う時に使ってる口座。(スプレットが広いので売りはMT4でしてる)外コムはトルコ円を長期間保有してるので手が切れない口座です。勝ったのはスイングのポジションの方向が運よく当たっただけ。損切りを考えてなかったこと以外細かい反省点は覚えてないですが、負けた時の理由ははっきり覚えています。オアンダMT4で2月に負けたのは(1枚だけど)熱くなってスキャルピングをしてしまった。外コムの-14万5千円は、33円台で勝負に出て死亡したトルコ円が-7万。ドル円が-4万。NZドルが-3万です。他で勝って欲が出てる時やポジションをもってなくて寂しい時に、外コムのレポートを見て、若林さんがドル円上がるって言ってるから、野村さんがNZドル上がるって言ってるからと、人のアドバイスに乗せられて高値で買ってしまいました。それは今後絶対ないようにします。