2017年9月の成績

9/6 nzdusd sell 0.72273 654

9/6 usdjpy buy 108.792 -1930

9/6 cadchf sell 0.78384 2295

9/7 audjpy sell 87.421 1370

9/7 gbpusd sell 1.30320 -3269

9/13 eurusd sell 1.19636 3863

9/13 audusd sell 0.80111 4072

9/13 usdjpy buy 110.452 1510

9/14 eurusd buy 1.18862 2031

9/19 eurusd sell 1.19723 67

9/19 nzdusd buy 0.72744 2900

9/19 usdchf sell 0.96056 -4308

9/21 eurusd buy 1.18929 33

9/22 usdjpy buy 111.867 1340

9/25 nzdusd sell 0.72808 -90

9/27 usdjpy buy 112.508 1900

9/27 nzdusd buy 0.72137 -3593

9/27 nzdusd buy 0.72167 -79

9/28 nzdusd buy 0.71815 -6494

9/28 usdjpy buy 113.152 -4520

9/28 eurusd buy 1.17867 4324

合計2076

きちんとルールを守った取引だけ載せています。他にも安値でドルスイやNZカナダを買ったりユーロトルコにも手は出してますが、後半からは一切やってません。途中から通貨を絞ってドル円、ユーロドル、豪ドル、NZドルの4通貨にしました。この中にもきちんとサインが出てないのに早く入ったりしたものもあるので来月は徹底的にルールを守るよう改善します。10円単位の微益で終わってるのは同値ストップに上げて狩られたものです。同値に上げて結果よかった上げなければよかったは半々くらい。(値動きを見てない時も多いからすべて同値に入れてたわけではない)来月は同値ストップは入れないでやってみます。

2017年9月27日の取引

ドル円の4時間足にルール通りのパターンがあったので、Askが112.50に乗ったところでロングエントリー。最初は113付近に利確ラインを設定していましたが、他の通貨に気を取られて20pipくらいで利確してしまいました。ポンドドルは1.345を割ったら大きく下がると狙いをつけていて、昨日もリバウンドにおびえながら10pipだけ取ってまた下がり、今日も利確を早まりました。今度からポンドには手を出さないようにします。2日前にトルコ円を31.47で1枚ナンピンして平均38.30L4枚になりました。ユーロトルコは4.2015S1枚です。1万円プラスの後またマイナスになるし、気になって相場に集中できないけど、手放して落ちるのも悔しいし様子を見るしかないです。

2017年9月25日の取引

週末から売り目線で見てたオセアニア通貨にルール通りのサインが出たのでキウイドルを0.7280でS。エントリー直後に狙い通り下げましたが、リミットにかからず同値に上げたストップで刈られて終了。ユーロトルコリラに手出して7000円損切り。4.20で売りなおしてチャートを見るのを辞めました。

 

2017年9月22日の取引

今日は朝からユーロの下げに注目してましたが上に上がってエントリーチャンスなし。急落したドル円を13pipだけフィボナッチの手法で取りました。来週はドイツの選挙とクルド人自治区独立の住民投票があるのでユーロトルコリラに注目しています。できればユーロじゃなくてトルコ円の買い場が欲しいのですが、4.444など節目の数字まで高騰したら売ってみたいです。

2017年9月21日の取引

昨日はユーロドルの1時間足で取引しました。事前に狙いをつけてた動き通りに、ウェッジを形成して上に抜けて上昇したのですが、わずか1pip利確ラインに届かずに同値に上げた損切りラインにかかって終了となりました。今までは利確やストップなんて入れなかったからわからなかったけど、今回みたいにギリギリで届かなかったり、(FXTFで)他社より長い髭が出て、まさかこれで刈られるのかと納得できない経験もしました。

ユーロトルコで4万円マイナス

ユーロトルコの売りポジションを1枚持ってたのですが、昨日爆上げしたところで1枚ナンピン。夕方の数時間でさらに爆上げして4万円の赤字で損切り。最後に4.1655で1枚Sしてずっと持ってることにしました。最近勝った分を全部持ってかれた・・・・

2017年9月15日の取引

 

昨日はユーロを下目線で見てたのですが、逆に行ってしまい計画が狂いました。ルール通りのチャンスがあったのが豪ドル。矢印のところの赤いラインを上に抜けたところでエントリー。上手くいったと思いましたが、利益確定とはならず、同値に上げたストップにかかり引き分けで終わりました。

 

2017年9月14日の取引

 

ユーロドルの1時間足のウェッジを上に抜けて直近の高値をブレイクしたところでロング。赤線を上に抜けた瞬間に買い注文。黄色い線が利確損切りライン(1:1)です。昨日は1戦1勝でした。あと、トルコの金利据え置きのニュースを見てユーロトルコを4.1045でSしました。是非お宝ポジションになって夢を見させてほしいです。

2017年9月13日の取引

↑【9月13日の成績】

↑【ユーロドル1時間足】

↑【豪ドル1時間足】

昨日はルール条件通りの奇麗な取引で3勝できました。手法は何パターンかあるのですが、今回の手法はトレンドブレイクの手法。まず4時間足のMACDがゴールデンクロスしている状態を上昇トレンド、デットクロスしている状態を下降トレンドとする。昨日取引した時はユーロも豪ドルも下降トレンドでした。1時間足に時間軸を下ろし、1時間足のMACDがデットクロスし、直近の安値を割ったら売りエントリー。赤い線で売って、黄色い線が利確損切りライン(だいたい1:1です)。10pip以上走ったところで損切りラインを同値に下げています。