CMA(チャートマスターアカデミー)

最近youtubeで色々な方の動画を見る様になって、裁量で勝っているトレーダーもいるのだなということが理解できました。しかし、多くの凡人はルールで徹底的に縛りまくらないとFXで長期的に勝つことは不可能です。これはCMAの教えです。システムを作らないやつは絶対勝てない!【狙っていたサポートラインにタッチしたから買いで入ってみよう←これはシステムではない。】【サポートラインにタッチした+ピンバーやエンゴルフィンバーが出るのを待ってピンバーやエンゴルフィンバーの高値を超えたらエントリーする←これがシステム。】

検証しないやつは絶対勝てない!まずピンバーが出たらエントリーするやり方で日足で100回エクセルに記録しなさい。それが終わったら1時間足で100回同じことをしなさい。多くの人はここでめんどくさいと去っていくのでしょう。検証することの大切さは実際に自分で体験してみないとわからないですね。

手法はテキストで自習した後に塾長の根崎優樹さんと赤本FXの著者の笹田喬志さんが月1回のセミナーで具体的に講義してくれます。根崎さんの手法は(名前からして)欧米のスタンダードっぽいやつ。たとえば抜けたラインに戻ってきた最初のタッチを狙う「ファーストストライク」。2つの移動平均線を1本の大陽(陰)線が突き抜けるブレイクを狙う「ネバーベント」。根崎さんは手法を多く持っていてMACDのダイバージェンス+チャートパターンやパーフェクトオーダーなども駆使していました。笹田さんが教えてくれるのはフィボナッチを使った反転手法(赤本FXに書いてあるやつ)です。赤本FXは中身は見たことないのでこれは載ってるかどうかわかりませんが(多分載ってないかと)反転手法以外にトレンドの最中に出たフラッグにフィボナッチを引くTRB・トレンドレンジブレイクという方法もあります。

(CMAの講師陣が口をそろえて言ってることですが)取引すべき足は最低でも1時間足にしなさい。それより短い足はノイズが多いのでできるだけ手を出すべきではない。なのでデイトレで短い足で取引したいという人には向いていません。授業料が高いのでよほど覚悟のある人じゃないと後悔する可能性が高いと思います。根崎さんはネットで詐欺師呼ばわりをされて悪口を書かれていることが多い人物ですが、実際はとても素朴で真面目な人です。全然悪い人ではないです。どうしてもCMAの内容に納得がいかずに根崎さんの前でお金を返してほしいといえば返金されますが(今でもこの制度があるのかは知らないです)実際に返金請求をした人はいないらしい。セミナーや懇親会は東京と大阪の2か所で行われています。たまにみんなでバーベキューをやったりもする。実際に東京や大阪に住んでいて根崎さんや講師陣の方と触れ合える環境にいる人にはぜひオススメしたいですが、オンラインだけの受講なら対価に見合わないかもしれないですね。