「競馬予想静内インサイダー」は、馬券による利益追究のため、馬産地に拠点を持ち活動しています。

競馬格言(コース編)




有馬記念は1800mを走れるスタミナがあれば十分

有馬記念は菊花賞馬に勝ち馬が多く、スタミナがない馬は苦戦する長距離レースであると思われがちですが、実際の勝負は、残り1800mから本当の馬の格と底力が問われる戦いがはじまるのです。当然スタミナしかない馬は通用しません。


中山芝1600は外枠不利、中山ダ1200は内枠不利

中山芝1600では、外の馬は大きく外を回らされます。コースロスが大きく、現在の中央競馬のコースの中で、最も不公平なコース。中山ダ1200は、外枠の方が芝の部分を多く走れるため、助走がつきやすく有利。あと、内はスタート直後に、ごちゃつく不利もあります。


中山の芝1200はダートが得意な○外を穴で狙え

中山芝1200で大穴をあけるのは、ダートから転戦して来た○外のパワータイプがほとんど。逆にパワータイプの馬が好走して、次走、京都で人気になれば、迷わず消しの対象です。その時の条件に合った馬を買うのが競馬の鉄則。


中山2200は持久力で差し、京都2200は瞬発力で差す

3歳の春に、中山の2200で好走して人気になった馬が、京都の2200で消えることがよくあります。同じ2200でも、中山と京都では性質が全く異なるのです。中山は持久力で押しきるレース。京都は切れる脚で差しきるレース。


京都の内回りは人気の先行馬に逆らうな、ただし多頭数の時は大波乱に注意

京都の内回りは、直線が短い上に、3〜4コーナーが坂のくだりで助走がつきやすく、先行馬が止まらないコース。特にコース実績のある人気の先行馬には逆らわない方が賢明。しかし、秋華賞のように、多頭数で乱ペースになった場合は思わぬ大波乱が起こるコースとしても有名。


京都ダ1800は内枠の先行有利、阪神ダ1800は内枠の先行不利

京都ダ1800は、内枠の先行馬がいい位置を取りやすいコース形体。逆に、阪神のダ1800は、スタートから最初のコーナーまでの距離が短い上に急カーブなため、ごちゃつきやすく、内枠の馬は不利を受けることが多い。


安田記念は持続力、マイルCSは瞬発力が問われるレース

安田記念はスタミナの消耗戦になることが多いので、最低限のスピードに加え、最後までバテない持続力が必要とされる。それに対し、マイルCSは上がりの速い競馬になることが多く、切れる脚さえ持っていればスタミナは必要とされないことも。


函館は軽ハンデの馬に要注意

函館コースは、国内の競馬場の中で最もパワーの要る洋芝が使われており、軽ハンデの馬が恩恵を受けやすいコースです。洋芝の凱旋賞で軽量の3歳馬が活躍してるように、能力の高い3歳馬が馬齢で軽量の場合は、本命視してもいいでしょう。


中京、福島はコース巧者の馬を狙え

中京や福島には、季節にかかわらず同じコースの重賞で何度も好走する巧者がいます。中京や福島巧者の特徴は、血統が地味だったり、少し決め手にかけるだけで、人気を落としておいしい穴馬になることです。


新潟直線1000mは馬場が痛んでいない外枠が有利

新潟直線1000mの外枠有利は顕著です。この部分は大外枠のラチ沿いで、1000mのレース以外は全く馬が通らないので、馬場が痛んでいないのです。ただ、競馬ファンには常識なので、外枠の馬は人気になります。