「競馬予想静内インサイダー」は、馬券による利益追究のため、馬産地に拠点を持ち活動しています。

九星占術競馬予想とは?



九星占術予想ブログ


九星占術は、古代中国人の知恵の結晶

競馬予想に、サインや出目を取り入れている競馬ファンの方もいらっしゃると思います。
私もJRA発信のサイン読みや、金運の出目など、いろいろ勉強してきました。
その中でも一番のお気に入りが九星占術競馬予想です。
古代の中国では、人々は自然災害に生活を脅かされ、悩まされていました。
そして、長い苦悩の末に、自然災害には一定の周期があることに気がつきました。
九星占術は、自然災害から集落を守り、より豊かな暮らしを送るために、
長い年月をかけて作り上げられた、古代の人の知恵の結晶です。
九星占術競馬予想では、9つの星の元に馬を分類して、
レースの日に強い星の元にある馬で勝負します。
予想は馬の画数が中心なので、基本的に誰が予想しても同じになります。


(いっぱく・すいせい)
(じこく・どせい)
(さんぺき・もくせい)
(しろく・もくせい)
(ごおう・どせい)
(ろっぱく・きんせい)
(しちせき・きんせい)
(はっぱく・どせい)
(きゅうし・かせい)


 2014年競馬開催日九星カレンダー



注目するのは1〜9までの数字と、色。

たとえば一白水星の日なら、注目するのは


【強いサイン】

◎馬名の画数の一桁が1の馬(11or21or31or10画 )。
※画数の一桁が0の馬は十の位の数を使います。(10なら1、20なら2、30なら3)
◎1枠1番
※他の枠の強いサインは2枠2番と5枠5番。枠の色と星の色が一致しているからです。
◎フサイチ、タケイチなど名前にイチが入った馬
◎ホワイト、シラユキヒメのように名前に白か白を連想させる単語が入った馬


【弱いサイン】

※弱いサインは、強いサインがある馬をさらに絞り込む時などの補助的な役目で
弱いサインだけしかない馬は基本的に買い目の対象外。
△騎手や調教師の名前に一か白が入っている馬
△1枠2番 、11番


2008年の春のクラシックレースで検証


4月13日 五黄土星 桜花賞

・画数の一桁が5の馬
 エフティマイア
 ソーマジック
 ルルパンブルー


3頭に絞れる。


結果・・1着はレジネッタだが2着エフティマイアと3着ソーマジックがズバリ入ったのはさすが。
    結果論にすぎないが、エフティマイア15番人気、ソーマジック5番人気、レジネッタ15番
    と 五黄土星の5の強さが明確となっている。


4月20日 三碧木星  皐月賞

・画数の一桁が3の馬
 レインボーペガサス
 ダンツウイニング


サインは2頭のみ。ワンツーなら大波乱だが・・・・


結果・・レインボーペガサスがきわどい4着に来ましたが、馬券圏外。


5月25日 八白土星 オークス

・画数の一桁が8の馬
 レッドアゲ−ト
 リトルアマポーラ
 マイネレーツェル
 ハートオブクィーン
 スペルバインド


リトルアマポーラが画数のほかに8枠18番という絶好のサイン
リトルアマポーラが一番の強運


結果・・すべて馬券圏外。強運のはずのリトルアマポーラも馬群に沈む。


6月1日 一白水星 日本ダービー

・画数の一桁が1の馬
 アグネススターチ
 ショウナンアルバ
・馬番の強いサイン
 ディープスカイ


アグネススターチかショウナンアルバが運を見方に逃げ切るのか?
ディープスカイは最高のサイン、1白の日の1枠1番。


結果・・ディープスカイは1番人気でしたが、1枠1番の強力サインの後押しもあったはず。