実際に使っている手法②

こちらは前述したメインのダイバージェンスブレイクを補完する手法です。思い描いた通りの奇麗な形が出た時だけしかエントリーしません。

1.大きな押しもなく急激にトレンドが進行している相場を探す。
2.相場が反転し、高値の山が切り下がっているのを確認する。
3.フィボナッチを引き23.6ライン付近にブレイクポイントを見つける。
(38.2を超えるような形もダメだし、逆に小さすぎる形もダメ。)

 

-0.618がリミット。損切りラインは切り下げた山の高値に置く。 この場合、反転は騙しになっていますが、それでもリミットにはしっかり到達しています。