検証した鉄板手法①

私がこれから実践していく長時間の検証で手に入れた鉄板手法を紹介します。ファーストストライク=「ラインを上にブレイクした後に最初の押し目を買う」。ネット上にありふれているダウ理論の基本中の基本ですが、シンプルなのでシステムが作りやすく、かつ優位性のある手法です。私の手法では①4時間足限定。②ロング限定。あとサポートラインの引き方にも多少こだわりがあります。では実際に画像で説明していきます。
鉄板の形

レジスタンスラインを超えて新高値をつけたらすぐに買いで入る手法もありますが、上にブレイクしても高確率でブレイクしたラインまで1度は戻ってくるものです。ここのラインへのファーストタッチを信じて買い注文を入れておく。もし戻ってこなかった場合は諦めて他のエントリーポイントを探します。肝心なのはサポートラインの引き方。4時間足で強く機能してそうなラインを探すわけですが、あまり昔のチャートまで遡って探すのはNGです。

【NZドルドル4時間足】
サポートラインは0.7015に引いていますが、0.70の節目が強く意識されて少し上で割らないように防衛されているのでしょう。このような節目の切りのいい数字(ラウンドナンバー)とサポートが重なっている時は特に強いサポートが期待できます。

【ユーロドル4時間足】
この場合も1.090のラウンドナンバーの数pip上にサポートラインが形成されています。

【豪ドルドル4時間足】
ここも0.7550が強く意識されてるのが明確でわかりやすいところですね。

 

 

損切りラインはサポートラインと安値の中間地点。利確は損切り1に対して2のリスクリワード1:2で固定して行う。