FXはなぜトレンドフォローが良いのか?

FXで稼いでいる人のうち8割はトレンドフォロー派と言われています。【なぜトレンドフォローが良いのか】いったん話が脱線しますが、競馬で長期間安定して勝ち続けているプロ馬券師の必勝パターンをご存知でしょうか?ガチガチの低配当決着で終わるとプロが勝って素人が養分になったと言う人がいますが、これは全くの逆です。伝説の名馬ディープインパクトは生涯で14戦中2回しか負けていませんが、もし全レースの単勝に100万円賭けていたら(凱旋門賞も含める)30万円の損失になっています。「プロの必勝パターンは定期的に高配当を当て続けること」この神業を身につけたものしか競馬で勝ち続けることができない。競馬は株と同じくらい歴史があるそうですが、一生馬券だけで生活し続けたプロ馬券師はほぼ皆無でしょう。
FXも定期的に大きな利益を上げなくては勝ち続けることができないという原則は同じ。なので、みんなトレンドフォローで大きな利益を狙うのです。トレンドが出ると一方向にどこまでも突き進むので、ピラミッティングでポジションを積んでいくこともできます。でもトレンドフォローは高値で買うから安値で買う逆張りの方がもっと大きく利を伸ばせるのでは?これは初心者にありがちな誤解です。逆張りで大きく利を伸ばせたのは運が良かっただけ。的確な位置にストップ注文を入れてみれば優位性の違いがハッキリ分かります。順張りは大きなトレンドを取るもの、逆張りは小さな戻しを取るものです。FXの場合レバレッジを掛けることができるので、チャンスにハイロットで張れば大きく勝つことも可能!ただ、これは理論上の話であって実際にやってる人はポジポジ病になってほぼ負けています。ルールで10枚と決めたら10枚をずっと貫く。そして何も考えずにルーティーンでトレンドブレイクを狙い続ける。これがFXで長期間勝つために多くの人が実践している王道&近道です。
トレンドブレイクには騙しが多いので、追っかけ買いor売りはせず1度戻りを待ってからエントリーするのが理想的。【エントリーはボールを投げるイメージで】レジスタンスをブレイクしたら上にボールを投げてみる。ボールが落ちてきて今までレジスタンスだったラインがサポートになり、そこでボールが跳ね返って上向きになったとこで買う。サポートラインを下にブレイクしたら下にボールを落としてみる。ボールが1度跳ね返って来てもう一度落ちそうになったところを売る。