過去検証・ユーロドル③

ユーロドルNo.11 4時間足

ネックラインへのリテストとmaで抑えられ上髭を作ってからの奇麗な反落。環境認識的には満点に近いですが執行足で捉え方を間違えると負ける可能性のある場面です。

ユーロドルNo.11 30分足

30分足のmaブレイクから売ってたら負けてますね。後ろの高い山が形成されるのを待たねばなりません。1時間足なら奇麗に勝ててる場面。


ユーロドルNo.12 4時間足

フラッグの例です。

ユーロドルNo.12 30分足

4時間足で環境認識する場合、フラッグは30分足だけで執行するようにしています。斜めのトレンドライン割れではなくトレンドラインの支点となっているポイントを下に抜けたらエントリー。


ユーロドルNo.13 4時間足

切り下げラインの例。

ユーロドルNo.13 30分足

切り下げ(上げ)ラインはフラッグの片面ができていない簡易的な形です。4時間足でしっかり環境認識ができる場面ならば奇麗なフラックにこだわらず切り下げ(上げ)ラインだけでも積極的にエントリーしてます。


ユーロドルNo.14 4時間足

あまり奇麗ではありませんがネックラインを髭だけで抜けて戻されてmaに押し返された形。緑のネックラインはもう少し上でも引けるし、無理してエントリーする場面ではないかも。

ユーロドルNo.14 30分足

環境認識はイマイチですが執行足のチャートパターンは奇麗に出ていてリスクワードもよく50pip以上取れました。


ユーロドルNo.15 4時間足

大きなダブルトップのネックラインにぴったりリテスト&maでもしっかり反発。多くの人が認識している明白なサポレジ転換の場面です。

ユーロドルNo.14 30分足

執行足のチャートパターンも後ろの山が高くなっている理想的なダブルトップ。No.15は模範的な良い例でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする